作業者

騒音トラブルを未然に回避

耳を塞ぐ男性

一戸建てやマンションなどは防音工事しておかないと、周りの騒音が家の中に入ってしまいます。また、自分の家から発せられる音でご近所さんを困らせてしまうこともあります。

一筋縄ではいかぬ問題

防音

日本の住宅構造、また都市構造は基本的に過密化と過疎化が極端に分かれているものです。過疎化が進行している場所であれば、隣家との距離は何十メートル、何百メートルと離れていることも全くのゼロではありません。しかしながらそういったケースはそこまで多くはなく、多くの場合車一台分などの距離しか離れていないことがあります。そんな日本の住宅環境の中では、楽器演奏者はその練習や演奏場所にかなり頭を抱えながら日々のトレーニングを行っているという現実があります。エレキギターなどの電子楽器でさえも、マンションではヘッドホンをアンプにつないで練習するなどの配慮をしてやっと練習できる、ということもあります。

単純に損益分岐点を計算するとして、各々の環境にもよりますが防音工事費用およそ300万円程度あればドラムを生の状態で心ゆくまで鳴らせる環境を確保できるといえます。一般的なリハーサルスタジオで、個人練習利用を行った場合平均的な相場は1時間500円です。それが2時間利用したとすれば、1000円です。それを仮に月15日継続した場合、1万5千円のスタジオ代がかかることになり、年間ではおよそ18万円かかっています。そして、交通費やかかる時間のことを考えると、電車で往復500円掛かる程度の距離であればおよそ移動に合計30分は片道で利用する可能性があります。ならば、更に1時間スタジオ利用をしていると仮定すればプラス9万円ほどの費用がかかっており、合計すると27万円かかっていることになります。10年弱で、この費用が回収できると考えれば、本当にドラムが好きならば防音工事を行う価値は大きいです。

事前に予防が可能

素材

ドラムなどの楽器は大きな音が近隣の迷惑になってしまうので、自宅で演奏することは避ける事が当たり前です。しかし防音工事を施すことで騒音トラブルをしっかりと防ぐことが出来ます。

工事をしよう

作業員

騒音によって隣人トラブルに発展するというケースは珍しくない。しかし、防音のための工事を施すことによってこれらのトラブル解決に繋げていくことが出来るので、利用を検討してみると良いだろう。